少なくなる時期は?

オーディションが行われる時期はこのように、非常にバラバラであると言えますが、反対に、オーディションが行われにくい時期は、このような期間が挙げられます。

まず、お盆休みや年末年始、ゴールデンウィークなどの、世間的にも休みになることが多い時期は、オーディションを開催する団体や企業などもお休みを取っていることが多いと言えるでしょう。全く持ってやっていないというわけでは決してありませんが、仕事オーディションの場合は特に、比較的オーディションが少なくなる時期だと言えます。

また所属オーディションの場合は、5月などの一通り所属者が増えてくる所が多い時期は、開催する場所が少ないと言えるでしょう。こちらも団体によって異なりますので一概には言えませんが、5月の時期がある程度どの劇団や芸能事務所も募集をストップする場所が多く、所属系統のオーディションの数がグンと減る傾向にあると言えます。

このように、オーディションの種類によっても、数が少なくなる時期というものがありますので、オーディションを探す場合には、こうした時期を探して集中的に探すように心がけることがおすすめです。色々な情報サイトなどをチェックすることで、オーディション情報を確認することが出来ますよ!

仕事オーディション

所属オーディションとは異なり、実際に作品に出演する人を募集するタイプの、仕事オーディションの場合は、またオーディションの開催時期が大きく異なります。こちらは所属オーディションの時とは異なり、ほぼ毎日どこかしらで開催されていると言っても過言ではありません。

作品作りというのは年中無休でどこでも行われているものですので、それに応じてオーディションが開催されることも当然だと言えます。ドラマや映画、舞台やモデル募集など、様々な形態の作品が作られますが、そうした作品作りに合わせてオーディションを開催されるため、一概にいつが開催されていると限定されるものではないでしょう。

強いて時期を挙げるとすれば、夏休みに作品を公開するのに向けて、4~6月にオーディションが開催される場合や、冬休みなどの公開に向けて、9月から10月頃に開催されるオーディションが比較的増えると言えるでしょう。ですが、あくまで目安ですので、必ずこの時期になれば増えるというわけでもありません。

仕事オーディション関係は、常にどこかしらで開催されているものですので、定期的にオーディション情報やオーディションサイトをチェックするなどして、チャンスを逃さないようにすることが大切です。

所属オーディション

オーディションの中でも比較的時期が判断しやすいものと言えば、やはり所属に関するオーディションだと言えるでしょう。劇団や芸能事務所など、大手の団体の場合は特に、毎年決められた月にオーディションを開催している場所も多く、お目当ての団体がある場合は、事前にホームページなどでオーディション開催時期をチェックしておき、スケジュールを立てるようにすることが大切と言えるでしょう。

所属オーディションの場合は、学生の卒業シーズンなどを狙った、1月~3月などを中心に開催される傾向が多いと言われています。何かと年度の節目となる時期でもありますので、この時期に募集をかけている団体は少なくありません。また、夏休みなどの長期休みを狙って募集をかけている団体も多いので、狙い目であると言えるでしょう。

また、団体の中には希望者が居れば常にオーディションを開催しているような団体もあれば、団体の人数が減った場合に限りオーディションを開催して人員を確保するというタイプの団体もあるため、お目当ての団体がどのような形態でオーディションをしているのか、そもそもオーディションを開催しているのかどうかも事前にホームページなどを見るなどして、調べておく必要があると言えるでしょう。

参照・・・テアトルアカデミー